最高品質Nランクウブロスーパーコピー時計格安販売専門店「SeeTokei.Com」

ウブロスーパーコピー時計最高品質Nランクウブロコピー格安販売専門店「SeeTokei.Com」卓越したスーパーコピー時計製造技術、最高級のスーパーコピーウブロ時計、本物と見分けがつかないぐらい。100%最高品質保証,お客様満足度は業界No.1!

LOUIS VUITTONバッグスーパーコピー 最も権威のあるテニストーナメント「ローラン・ギャロス」

ルイヴィトンヴェルニスーパーコピーバッグ最高品質Nランクルイヴィトンコピー格安販売専門店「SeeTokei.Com」

LOUIS VUITTONバッグスーパーコピー最も権威のあるテニストーナメント「ローラン・ギャロス

 

ローラン・ギャロス2017(全仏オープンテニス)のためにルイ・ヴィトンがトロフィーケースを製作。なかに収まるメゾン・メレリオが手掛けたトロフィーとともにフランスのサヴォアフェールが息づく美しいプロダクトだ。

トロフィーを保護する特別なケース

ローラン・ギャロス」はスポーツの愛好家だけでなく、一般の人々からの関心を寄せる権威ある大会だ。テニスの歴史の中で最も古く、最高のテニスコートのひとつであるクレー(赤土)でプレイされる唯一のグランドスラム全仏オープン2016では45.5万人以上の観衆を集め、223ヵ国でテレビ放映された。

今年のローラン・ギャロス2017のためにルイ・ヴィトンが、毎大会の女子チャンピオンに贈呈されるスザンヌ・ランラン・カップ、男子チャンピオンに贈呈されるムスクテール・カップをそれぞれ保護するためのトロフィーケースを製作した。

ケースに収まるトロフィーを製作したのは、メゾン・メレリオ。パリのラ・ペ通りで創業した世界最古の宝飾・金細工の老舗だ。トーナメントチームがクレーのコートを手間暇かけて最高の状態に整えるように、2つのトロフィーの製作にも多大な時間が費やされた。

これら2つのトロフィーを収めるトロフィーケースは、アニエールにあるスーパーコピールイ・ヴィトンの歴史あるアトリエの職人によって作られ、丹念に仕上げられた。アイコニックなモノグラム・キャンバスを纏い、ルイ・ヴィトンシグネチャーである真鍮のコーナー金具やロックが特徴的だ。

内装はテラコッタカラーで、テニスコートのクレー(赤土)を想起させる。またデザインの仕上げとして、フロントには同じくテニスコートのラインを思わせる“V”のマークが施された。

フランス・テニス連盟のベルナール・ジウディセリ会長は「ルイ・ヴィトンローラン・ギャロスとともに、フランスは驚きとインスピレーションを生み出すことに成功するでしょう。フランスを代表する両ブランドのパートナーシップは、トーナメントが繰り広げられる2週間のあいだ、チャンピオンを鼓舞するシンボルとなります。この堂々たる新しいケースに収納されたトロフィーは、これまでにないほどに美しく輝いています。ローラン・ギャロス2017において素晴らしい注目を集めるでしょう」と語った。

またルイ・ヴィトンのマイケル・バーク会長兼CEOは、「ルイ・ヴィトンは、偉大な冒険家やパイオニアの旅を昔から支えてきました。その中には、飛行家のローラン・ギャロスやテニスプレーヤーのスザンヌ・ランランも含まれています。エレガンスと革新を融合させるルイ・ヴィトンは、ローラン・ギャロスにおける『飛行』、スザンヌ・ランランにおける『テニス』のように、常に『旅』における改革を成し遂げてきました。ルイ・ヴィトンはサッカー、ラグビー、世界を巡るセイリングの大会においても格式のあるトロフィーに携わってきました。今回、ローラン・ギャロス2017で大切な役割を担うことを非常に誇りに思います。2つの国際的に有名なテニス大会のトロフィーを保護するための特製ケースをデザインできたことは光栄です」と述べた。

そのほか「アメリカズカップ presented by ルイ・ヴィトン」もバミューダで開催している。ルイ・ヴィトンはテニスだけでなくさまざまなスポーツのトロフィーケースを手掛けているのだ。

フランスのサヴォアフェールが息づくトロフィーケースと、なかに収まるトロフィー。果たしてどの選手が栄光を手にするのか注目だ。

https://www.seetokei.com/brandkind-29.html

新レザーコレクション「スーパーコピールイ・ヴィトン パルナセア」誕生

新レザーコレクション「スーパーコピールイ・ヴィトン パルナセア」誕生

 

ルイ・ヴィトンヴェルニバッグ 2013-14年の秋冬新作レザーコレクション「ルイ・ヴィトン パルナセア」が誕生。上質なレザーをもちいた洗練を極めたバッグは、メゾンのあらたな歴史をあでやかに彩る。

4つのバッグと2つのスモールレザーグッズ

ギリシャ神話の女神たちが住むと伝えられる、ギリシャ中部にそびえるパルナッソス山にちなんで名づけられた「ルイ・ヴィトン パルナセア」。また、19世紀にパリで活躍した高踏派(仏:パルナス)の詩人たちが起こした想像力豊かな情熱と、厳格なスタイルを重んじるパルナシアンのムーブメントにも由来する新コレクションは、美しいフォルム、極上の素材、鮮やかな色彩がハーモニーを奏でている。

ラインナップのなかでもメゾンを代表する「アルマ」と「SCバッグ」のアイコンバッグは、色鮮やかなカシミアカーフとトリヨンレザーを使い、再解釈。新デザインのふたつのバッグを擁し、華やかに新登場する。

コンパクトな「ヴィヴィエンヌ」はシルキーな風合いのナチュラルなラシンヌカーフスキンに、深みのあるカシミアカーフの色調のコンビネーションが特徴だ。デイタイムにはもちろん、ボックスレザーの精緻な雰囲気はナイトシーンにもマッチするだろう。「カプシーヌ」には美しいシボが特徴的な上質のトリヨンレザーを使用。しなやかな風合いがシャープなフォルムを引き立て、いつの時代でも愛される、タイムレスかつエレガントな魅力が備わっている。

触るだけで感性を刺激するようなレザーと、控えめであるからこそ美しいデザインが組み合わされた「ルイ・ヴィトン パルナセア」コレクション。メゾンの歴史にまた、いつの時代にも愛される普遍的なアイコンバッグが誕生した。

1854年、初代ルイ・ヴィトンがパリに旅行鞄専門店を設立。3代目のガストン・ルイ・ヴィトンの時代には、クルマやフライトの旅にも適したソフトで軽量なバッグを開発し、トラベルバッグのトップブランドになる。
ルイ・ヴィトンの掲げるコンセプトは、旅を楽しみ、人生を楽しむモノづくり。もちろん、ウオッチの分野においても例外はなく、1987年、モエ・ヘネシーとともに、LVMH(モエ・ヘネシールイ・ヴィトン)グループを形成。複数の時計ブランドを擁する一方で、みずからもラ・ショー・ド・フォンに自社ファクトリーを設立し、時計製造を本格化する。
そして2002年、待望の初コレクション「タンブール」を発表。その重厚なケースフォルムは、世界初の旅行用時計であった16世紀のドラムウォッチに由来している。ケース側面には、ちょうど12文字のブランドネーム、「Louis Vuitton」のレタリングがインデックスに合わせてレイアウトされ、ケース裏にはおなじみのモノグラム・モチーフを刻印。ファッションブランドらしいセンス溢れるデザインには、時計好きでなくてもつい惹かれてしまう。
その後、タンブール・コレクションには、ダイバーズや、トゥールビヨンをはじめとするハイエンドモデルも続々登場。また、レトロモダンな角型ケースを特徴とする「スピーディ・ライン」も登場し、タンブール・ラインとともに人気を得ている。